ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

ジャパン・カウボーイ・アクティブ・シューティング・チーム

2004年の12月より、ジャパン・カウボーイ・アクティブ・シューティング・チーム

 (以下「J.C.A.S.T.」と称す)を発足し、毎月1回の定例会の開催してまいりました。

 カウボーイシューティングをスポーツとして考えていく上で、日本のエアーガンでは、

 本場アメリカのルール、コースをそのまま行う訳には行きません。

 我々としては、現在の日本のエアーガンの状況を理解した上で、新たにレギュレーションを

 独自に作成し、全国統一のレギュレーションが無い中、参考として頂ければと思います。

 又、服装については、本場アメリカの様にあまりうるさく決めるつもりは、現在の段階では

 考えておりません。

 まずは、一人でも多くの人にGUN、ホルスター、等を揃えてもらい、カウボーイシューテ

 ィングの楽しさを理解してもらう事を一番に考えている為です。そして参加してもらってい

 けば、やはりハットやブーツも揃えたくなっていくのが人情だと思うからです。

 コースについては、ほんの一例に過ぎませんが紹介させて頂きます。

 基本的に以下のような組合せで出来ますという例です。

   ① ピースメーカー(S.A.A.)他のシングルアクションGUNのみのコース

    (5回行い、一番悪いタイムをカットする)

  ② ピースメーカー(S.A.A.)&ウインチェスターライフルを使ったコース

    (3回行い、一番悪いタイムをカットする)

   ③ ピースメーカー(S.A.A.)&ショットガンを使ったコース

    (3回行い、一番悪いタイムをカットする)

   ④ デリンジャーを使ったコース

    (タイムを2倍、3回行い、一番悪いタイムをカットする)

 上記の他に、コースによっては、風船を使った「バルーンブレイク」や「乗馬マシーン」を

 使ったコースなど、いろいろなコースを考えられます。

 今後も定例大会や年1回の全国大会も開催を行っていきますので、

 どうぞ、カウボーイ・アクティブ・シューティングの普及に御協力をよろしくお願い致します。



ジャパン・カウボーイ・アクティブ・シューティング・チーム 

                                        代表 村山 篤人
スポンサーサイト
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。