ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPS・ディビジョン

全ての部門において:ピストルはブリーチブロックを持つセミオートマティック(自動装填式)でなければなりません。

スチール製ボール・ベアリング(BB)弾は許されません。

日本においてのパワー規定は、6mmBBで、0.8J以下です。

シューターのピストルと部門の条件が知らされてない場合に、レンジマスターは、シューターがマッチに参加できる部門を決定する最終的な権限があります。(オープン部門が初期設定です)


* 【オープン部門】
* 【スタンダード部門】
* 【プロダクション部門】
* 【シングルスタック部門】
スポンサーサイト
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。