ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPS・プロダクション部門

ファイバーオプティクスの追加                 Yes
ABSスライド置換                         Yes
最大のバレル長                          5インチ

追加の弾薬能力がなく、オリジナルサイズを変更しないベース・プレート、および/またはマガジンバンパー                 Yes


- ピストルはオリジナルメーカー部分を使わなければならず、次などのどのような外部の、または内部のカスタムのまたは強化されたパーツも使ってはなりません:

* エアバルブ
* インナー、アウターバレル
* スプリングなど
* グリップ向上 させるもの
* タクティカルライトを装着させるアタッチメント
* インナー、アウターバレルへのコンペンセイター、アタッチメント
* 装弾数を増大させるマガジンエクスティンション、オリジナルサイズを変更させるモノ
* バレルの長さを変更、パワーアップさせるモノ。

一般的な観点から、何かを追加したり、除去、変更したいならば、それがプロダクション部門の目的ではありません。上記の確認検査に加えて、組織者イニシアチブで、プロダクション部門イベントの上位3人は、部分の変更が行われていないか?どうかをチェックするために、審判の前で、銃を分解するように依頼する事ができます。

- シングルアクションのピストルは禁止されています。 外部のハンマーを持つピストルは完全にディコックされなければなりません。 最初のショットはダブルアクションでなければなりません。
- ディコッキングレバーのないすべてのDA/SAピストルは、完全にハンマーダウンで始めなければなりません。レンジオフィサーの監督の下で、競技者は、「ロードアンドメイクレディ」の手続の間に、ダウンレンジに向いているピストルによって安全にハンマーを下げるためにウィークハンドを使います。 この手続の間のディスチャージ(暴発)危険な銃の扱いと考えられし、失格となります。
- 一般ホルスター規則に加えて、エジェクションポートの1cm下まで、カットされている以外は、スライドをそれにすっぽり覆わなければなりません。
- 他の規則は、スタンダードの部門からの適用を受けます。
- ここで是認されて、リストされたピストルだけが、プロダクション部門(レンジオフィサーは、ルールに従っているかを、チェックすることができます)で使われれます。

オリジナルメーカー Airsoftモデル Airsoftメーカー
ベレッタ M9,M8004 KSC/WA
M9 Vertec KSC/WA
M9A1 KSC/WA
M92FS KSC/WA
M9 TokyoMarui
チェスカZbrojovka CZ75 KSC
Glock G17 KSC / TokyoMarui
G19 KSC /BWC
G23 KJW
G26 KSC /TokyoMarui
G26ADVANCE TM
G27 KJW
G32C KJW
ヘックラー&コッホ USP .45 KSC
USPコンパクト KSC
Sigザウアー P226 TokyoMarui/Tanaka
ワルター P99 Maruzen
スポンサーサイト
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。