ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPS・ホルスタ

ホルスターと、その他の装備を、装着しているるベルトは、ウエストレベルで保持されていなければなりません。 ベルトまたは、インナーベルト、双方は、ウエストに、しっかりと固定されるれ、最小限3つのベルト通しによって確保されなければなりません。
- 女性の競技者は、ヒップレベルでベルト、ホルスター、および装備を身につけることを許されるています。しかし、最大限大腿結節部のより下に、置かれてはなりません。 別のベルトがウエストレベルにあるならば、ホルスターと装備は、下のベルトに装着しなければなりません。
- リラックスして立つ間に、ピストルの銃口は、競争者の足から1メートルより先を指してはなりません。

詳細:

- ホルスターは、トリガーをカバーしなければならず、ドロウするときに、ピストルを握る際、人差し指が、トリガーにかからないモノです。
- ホルスターは、シューターが、利き手で、ホルスター内のピストルのグリップを握る時、腕が動き始めた後に、グリップ位置が変わるものではない必要があります。
- 手がピストルの上に降りたら、グリップが握られるように、ホルスターはベルトに装着されるべきです。
- ピストルは、ホルスターぐらついたり、動かないように、ホルスター中にきちんと適合するべきです。
- ホルスターは、しっかりピストルを保持するべきです。
- ホルスターは、スライドの後ろがベルトのトップ以上にあるように、ベルトに付着した位置で、ピストルを持ち運ばなければなりません。
- ベルトは、いつも同じポジションでホルスターを持つために十分な力と、堅さを、もっていなければなりません。
- ホルスターは、ベルト上を滑ったり、ベルトが滑るようなものではなく、ホルスターループはベルトと同じサイズであるべきです。
- マガジンパウチは容易に、グリップのためにマガジンの半分ぐらいが、露出しているべきであり、適正な保持に応じて、リリースさせるモノです。
- 最小限3つのパウチが、必要になるでしょう。
スポンサーサイト
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。