ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPSジャパンオープンでの競技の進め方

APSにはプラクティカルシューティング、スチールプレートシューティング、ピンシューティングという3つの競技種目が有ります。
来る12月14日に浜松町で開催されるIAPSジャパンオープンは、これらの競技のお披露目マッチという位置付けであり、更にスチール・プレート・シューティングに関しては来年開催予定の09アンリミテッドの前哨戦になりますのでJTSAオリジナルコースを行います。
そこで、IAPSジャパンオープンで行われるお披露目バージョンの競技説明を致しましょう!
180度ルール

スチール・プレート・シューティング競技の進め方

1.準備
ホルスターを装着したり、マガジンにBB弾やガスを入れたり準備を整えます。 バックからエアガンをとりだしてホルスターに納めたり、ホルスターから抜く練習をしたり、ダットサイトの輝度調節や空撃ちなど、エアガンを扱う準備動作はセフティーエリアで行います。 また、どうしても試射が必要な場合はレンジオフィサーの立ち会いのもとディスチャージエリアで行います。
※ セフティーエリア、ディスチャージエリア、競技中以外で、エアガンをバックから出したりホルスターから抜いたりしてはいけません。

2.ブリーフィング
選手はスクワッドと呼ばれる小グループに分けられ、スクワッド単位で競技を進めて行きます。 各コースにはレンジオフィーサー(ジャッジ)が居ますのでコースの説明を受けます。 質疑応答の後、いよいよ競技が始まります。

3.サイトチェック
レンジオフィサーから呼ばれたらシューティングボックス(射撃位置のこと。上のイラストではオレンジ色の四角)に入ります。 1ステージあたり5回撃ちますが、1回目を撃つ前にだけホルスターから銃を抜いてホルスターやサイトの調子を見る事が許されます。 
但しマガジンを入れてはいけません。

4.「ロード&メイクレディー」
レンジオフィサーの指示に従ってエアガンにマガジンを挿入しスライドを引いて初弾をチャンバーへ送り込み、セフティーを掛けてエアガンをホルスターに納めます。

ロード

5.「ハンズアップ」
準備ができたら両手首が肩より上の位置になるように両手を上げます。

ハンズアップ

6.「アーユレディ?スタンバイ」
スタンバイの合図から2~5秒で開始のブザーが鳴ります。 この間、上げた両手は静止していなくては成りません。

7.開始シグナル
ブザーが鳴ったら競技スタートです。 5枚の鉄板全てに命中させなくてはなりませんが、黄色く塗られたターゲットはストッププレートと言って、タイマーを止める為に最後に撃つターゲットです。 これ以外はどんな順番で撃っても構いません。 弾数の制限もありません。 但し、必ずセミオートで撃ってください。 5回の内、タイムの良い方から4回の合計がステージスコアになります。 1回くらい失敗しても大丈夫ですから緊張せずに楽しみましょう。
※ Heaven's gate は2つのシューティングボックスが有ります。 このステージは、後方のシューティングボックスから手前2枚の四角いターゲットに当ててから2m前方のシューティングボックスに移動して3枚のマルイターゲットを撃ちます。 シューティングボックスを移動する時はトリガーから指を離して下さい。

8.「アンロード&ショークリアー」
5回目を撃ち終えたらマガジンを抜き、スライドを引いてチャンバーをレンジオフィサーに見せます。 このとき銃口の向きに注意しましょう。

9.「ガンクリア、ホルスター」
銃口をターゲットの方向へ向けて空撃ちをし、エアガンをホルスターに納めます。

アンロード

10.「レンジイズセーフ」
レンジオフィサーの指示に従ってシューティングボックスから退場します。 
※レンジオフィサーの指示無しでシューティングボックスから出る事は出来ません。 エアガンの故障など、なにかトラブルが発生したら慌てずレンジオフィサーに相談しましょう。

11.サイン
競技を終えたらスコアカードにサインをします。 自分のタイムを確認してからサインしましょう。 スコアに疑問が有る場合はサインせずにレンジオフィサーに質問してください。 サインした後では抗議は受け付けられません。

ペナルティー
以下の行為は+3秒のペナルティーになります。
撃ちもらしが有った場合(ターゲット1枚につき+3秒)
シューティングボックスから足が出ていた場合
ブザーが鳴る前に手が動居てしまった場合
ハンズアップの姿勢が不十分(両手が方より上に挙がっていない)
Heaven's gateでシューティングボックの移動中にトリガーに指を掛けていた場合
Heaven's gateで、シューティングボックスごとに指定されているターゲット以外を撃ってしまった場合(ターゲット1枚につき+3秒)
ストッププレートを撃った後に他のターゲットを撃った場合(1枚につき+3秒)

以下の行為は+30秒になります。
エアガンの故障などで競技を終えられなかった場合

以下の行為は失格に成ります。
エアガンを落とした場合(万が一、落としてしまったら勝手に拾ったりせず、必ずジャッジの指示に従って下さい)
銃口をアップレンジに向けた場合
暴発させた場合(ホルスターの中や、ターゲットスタンドの足よりも手前の地面に発射してしまった場合)
飲酒、暴言、スポーツマン精神に反する行為
競技の進行を著しく遅らせたり、他の選手の妨害になるような行為 

服装規定
カムフラージュまたは準軍事的な衣類や、物議をかもし出すスローガンやことわざ等がプリントされた衣類を着用されている場合、入場をお断りする場合が有ります。
スポンサーサイト

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スチールプレートシューティングのコース発表

来る12月14日に浜松町で開催される IAPSジャパンオープン のスチール・プレート・シューティングのコース図を発表します。 
IAPSジャパンオープンはIAPS競技のお披露目マッチという位置付けであり、特にスチール・プレート・シューティングは来年開催予定の09アンリミテッドの前哨戦を兼ねていますのでJTSAオリジナルコースとなっています。
ステージ1

ステージ2

ステージ3


Heaven's gateは2つのシューティングボックスが有ります。 このステージは、後方のシ
ューティングボックスから手前2枚の四角いターゲットに当ててから2m前方のシューティングボックスに移動して3枚の丸いターゲットを撃ちます。 
※シューティングボックスを移動する時はトリガーから指を離して下さい。
シューティングボックスの大きさは1m×1mです。
的の高さはどれも的の中心から1mです。
どのコースも黄色のターゲットがストップターゲットです。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPS・スティールプレート部門

SPS_pic01.jpg

実銃のプラクティカルシューターならば、スティールチャレンジについて聞いたことあるでしょう。5枚のスティールプレートからなるコースで、最後にストッププレイとを撃ちます。

それぞれのシューターは、それぞれのステージを5回撃ち、ベスト4の合計をスコアとします。スティールチャレンジを、IAPS スティールプレートシューティングとして、実現しています。
スティールプレートシューティング競技の流れ

レンジコマンド

-開始コマンドは、コマンド「ロードアンドメイクレディ」が、始めにあります。
その後、しばらく、シューターは、用意する時間が与えられます。
- 各ストリングに進むためには、30秒が、標準になるでしょう。 競争者が迅速に準備されないならば、レンジオフィサーは、「今すぐ用意してください」と伝えます。 競技者は、10秒以内準備して、レンジオフィサーに伝えます。 競技者が10秒程度で、それらの準備をレンジオフィサーに通知しなかったならば、レンジオフィサーは開始コマンドを開始するでしょう。
- コマンドは、「アーユレディ?スタンバイ」とかけられます。
開始シグナルが鳴る前に、2~5秒間があります。その間に、 動くことは、禁止されています!
「スタンバイ」が命じられた後に、手は静止し続けなければなりません。 手の動きや、バウンティング、あらゆる種類の不正な開始は、3秒のペナルティになります。
- 「ショークリア」-競争相手が、ピストルのスライドを開いて、取り除かれたすべてのマガジンを、レンジオフィサーに、見せなければならない。
- 「ガンクリア」、「ホルスター」 - 競争者は、ピストルをホルスターに入れるか、バッグに入れることができます。

具体的な規則

- フット・フォールトは、ボディ(足)のどのような部分でもシューティングボックスの外で着陸している間、弾丸が発射される時です。
- シューターは、、最初のターゲットを、撃つ前に最初のボックスを、離れていってはなりません。
- 2番目のボックスに入るとすぐに、後から動く足が、路面からはずれている時に、競争相手は、目標を撃ちはじめることができます。
- どのピストルも、ロード状態で、レンジがら移動してはなりません。

ペナルティ

- 最大の時間は、30秒です。30秒の制限に達したならば、競争者は、停止し、弾丸をこめ直すように、依頼されれます。
- 「ハンズアップポジション」手は、後ろから見え、手首が、完全に、肩の高さに、保持されます。レンジオフィサーは、競争者が、明らかに低くしている場合、クリープまたはバウンドしている場合は、カウントダウンを止めて、警告を与えます。しかし、それは一回だけの警告です。 従うわなければ、行うごとに、3秒のペナルティになります。
- 開始シグナルの前に動いた場合、明示されたボックスからの間違ったターゲットを撃つフット・フォールト、および不正確な動きは、3秒の行為エラーとなります。
- もし、競技者が、開始シグナルが鳴った後に、コースを撃ち始めなければ、そのストリングは、最大時間を与えられます。
- 複数のボックスが、設置されている時、競争者が、ボックスAで、シュートして、順序を間違ったり、ターゲットを省略したことに気付き、ボックスAに戻り、撃ち続けるならば、行為エラーはありません。
-不正確な順序(A対B)で、ターゲットを撃った場合、ミスと判断されます。
- ボックスから移動しはじめた後に、もし弾が、発射されるならば、行為エラーと判断されます。(判断しやすくする為に、シューティングする間は、両足は着地しているべきでしょう)
- ターゲットに向かって、正しく修正したシュートをしなければ、順番を無視して撃たれた各ターゲットは、ミスカウントになり、行為エラーを足すことになります。
- 最大の時間制限の後で、ヒットしてもカウントされません。
- ストッププレイトが、撃たれた後に、ターゲットに発射されれた、弾はそれぞれ3秒のペナルティに、得点されます。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。