FC2ブログ

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPS・スティールプレート部門

SPS_pic01.jpg

実銃のプラクティカルシューターならば、スティールチャレンジについて聞いたことあるでしょう。5枚のスティールプレートからなるコースで、最後にストッププレイとを撃ちます。

それぞれのシューターは、それぞれのステージを5回撃ち、ベスト4の合計をスコアとします。スティールチャレンジを、IAPS スティールプレートシューティングとして、実現しています。
スティールプレートシューティング競技の流れ

レンジコマンド

-開始コマンドは、コマンド「ロードアンドメイクレディ」が、始めにあります。
その後、しばらく、シューターは、用意する時間が与えられます。
- 各ストリングに進むためには、30秒が、標準になるでしょう。 競争者が迅速に準備されないならば、レンジオフィサーは、「今すぐ用意してください」と伝えます。 競技者は、10秒以内準備して、レンジオフィサーに伝えます。 競技者が10秒程度で、それらの準備をレンジオフィサーに通知しなかったならば、レンジオフィサーは開始コマンドを開始するでしょう。
- コマンドは、「アーユレディ?スタンバイ」とかけられます。
開始シグナルが鳴る前に、2~5秒間があります。その間に、 動くことは、禁止されています!
「スタンバイ」が命じられた後に、手は静止し続けなければなりません。 手の動きや、バウンティング、あらゆる種類の不正な開始は、3秒のペナルティになります。
- 「ショークリア」-競争相手が、ピストルのスライドを開いて、取り除かれたすべてのマガジンを、レンジオフィサーに、見せなければならない。
- 「ガンクリア」、「ホルスター」 - 競争者は、ピストルをホルスターに入れるか、バッグに入れることができます。

具体的な規則

- フット・フォールトは、ボディ(足)のどのような部分でもシューティングボックスの外で着陸している間、弾丸が発射される時です。
- シューターは、、最初のターゲットを、撃つ前に最初のボックスを、離れていってはなりません。
- 2番目のボックスに入るとすぐに、後から動く足が、路面からはずれている時に、競争相手は、目標を撃ちはじめることができます。
- どのピストルも、ロード状態で、レンジがら移動してはなりません。

ペナルティ

- 最大の時間は、30秒です。30秒の制限に達したならば、競争者は、停止し、弾丸をこめ直すように、依頼されれます。
- 「ハンズアップポジション」手は、後ろから見え、手首が、完全に、肩の高さに、保持されます。レンジオフィサーは、競争者が、明らかに低くしている場合、クリープまたはバウンドしている場合は、カウントダウンを止めて、警告を与えます。しかし、それは一回だけの警告です。 従うわなければ、行うごとに、3秒のペナルティになります。
- 開始シグナルの前に動いた場合、明示されたボックスからの間違ったターゲットを撃つフット・フォールト、および不正確な動きは、3秒の行為エラーとなります。
- もし、競技者が、開始シグナルが鳴った後に、コースを撃ち始めなければ、そのストリングは、最大時間を与えられます。
- 複数のボックスが、設置されている時、競争者が、ボックスAで、シュートして、順序を間違ったり、ターゲットを省略したことに気付き、ボックスAに戻り、撃ち続けるならば、行為エラーはありません。
-不正確な順序(A対B)で、ターゲットを撃った場合、ミスと判断されます。
- ボックスから移動しはじめた後に、もし弾が、発射されるならば、行為エラーと判断されます。(判断しやすくする為に、シューティングする間は、両足は着地しているべきでしょう)
- ターゲットに向かって、正しく修正したシュートをしなければ、順番を無視して撃たれた各ターゲットは、ミスカウントになり、行為エラーを足すことになります。
- 最大の時間制限の後で、ヒットしてもカウントされません。
- ストッププレイトが、撃たれた後に、ターゲットに発射されれた、弾はそれぞれ3秒のペナルティに、得点されます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。