FC2ブログ

ようこそ、JTSAへ

JTSA[日本トイガンシューティング振興会]では、最新のシューティング情報を提供しています。

IAPSジャパン・オープン08

iapsjoc.jpg


IAPS(International Airsoft Practical Shooting)は、国際的なエアガン射撃競技団体で、エアガンによる国際射撃大会の開催を目指しています。 加盟国はフランス、アメリカ、イギリス、ペルー、ポルトガル、ベルギー、クロアチア、マルタ、タイ、そして日本と、広がりを見せており、世界大会実現に向けて準備を進めています。 
IAPSはプラクティカルシューティング、スチールプレートシューティング、ピンシューティングの3つの競技から成り立っています。 これらの競技のお披露目を兼ねて12月14日にジャパン・オープンを開催致します。

主 催:JTSA(日本トイガン射撃振興会)
日 時:2008年12月14日 9:00受付 10:00競技開始 
場 所:東京都立産業貿易センター浜松町館(東京都港区)

参加費:スティール+ピン=5000円 プラクティカル+ピン=5000円
    (ダブルエントリーとして)スティール+プラクティカル+ピン=8000円
  ”お陰さまで、ダブルエントリー枠は定員に達しました。
    引き続き、シングルでのエントリーは募集中です!”
内 容:JTSAが推進しているIAPS(エアソフトガンによる国際射撃大会の実現を目指
    すプロジェクトで現在加盟国は10カ国)のお披露目マッチ。 今回はプラクテ
    ィカルシューティング+ピンシューティング、スチールシューティング+ピンシ
    ューティングという組み合わせでエントリーを募る。 スチールシューティン
    グは来年開催予定の09アンリミテッドの前哨戦を兼ねており上位入賞者には
    招待選手枠が与えられ る。 また、ルーキー賞も用意されていて、初心者大歓
    迎!

参加資格:18歳以上(競技の性格上、今回10歳以上用のガンでは、出場できません。)

ガンの規定:日本国内法で、合法とされるエアソフトガンで、ハンドガンとして販売されているモノで、パワーは6mmの場合『ASGK簡易弾速器』で4枚目を撃ちぬかない程度のパワー(およそ0.8J)まで。8mmの場合『ASGK簡易弾速器』で5枚目を撃ちぬかない程度のパワー(およそ1.3J)までです。 競技開始前に弾速チェックを行います。BB弾の重量は6mmBB弾の場合0.3gまで、8mmBB弾の場合0.4gまでとします。
※当日、使用できるガンは、2競技(3競技)通して、一丁とし、故障の場合は、同条件を満たす銃であれば、パワーチェック後使用できます。

○オープン部門   :IAPSオープン部門に準拠したハンドガン
○スタンダード部門 :IAPSスタンダード部門に準拠したハンドガン(オプティカルサイト禁止、160mm x250mm x45mm内に収まる大きさであること)

入賞対象:プラクティカル競技  :オープン部門-1位、2位、3位  スタンダード部門-1位 2位 3位
      ピンシューティング競技:オープン部門-1位、2位、3位 スタンダード部門-1位 2位 3位 
      スティールプレート競技:オープン部門-1位、2位、3位 スタンダード部門-1位 2位 3位
”スティールプレート入賞者は、来年開催されるアンリミティッド09の当該部門へ無料参加権が与えられます。”          
問い合わせ:entry@atpfshooter.com

見学の方も大歓迎です。
当方で用意できる数に限りがありますので、なるべくメガネ・シューティンググラス・ゴーグルなど目を保護できるものをご持参ください。

□IAPSジャパン・オープン08に関するお問い合わせは、この記事のコメント欄にてお受けしています。
IAPSジャパン・オープン08:FAQ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: No title

ホルスターについてですが、IAPSフランス本部作成の公式コースでは必要になることもあります。
また、規則上ガンはケースかホルスターに入れて持ち運ぶことになっています。
IAPSに限らず今後エアガンの公式大会に参加されるのであれば、ご準備されるべきかと思います。

ただ、どんなホルスターを準備すればよいかわからないこともあると思います。
一度BLAM様で行っている練習会にお越しいただければホルスターのアドバイスなどもできますし、昼12時以降であればBLAM様併設のショップも開いていますので、ショップの方とご相談されてもよいかと思います。

No title

ホルスターが無いと参加出来ませんか?

mixiで寄せられた質問2

1)5.11などのタクティカルパンツなどは、準軍事的なモノとして、制限されますか?
:カムフラージュ柄でなければ、制限されません。

2)エントリー費用の支払いはいつ?
:当日、会場にて、お名前を確認させていただいた上で、徴収させていただく予定です。

mixiで寄せられた質問

1)スティールとピンは外部ソースの使用は認められているのでしょうか?
:認められています。

2)ホルスターチェック(飛んでガンが落ちない)はあるのでしょうか?
:ありません。

3)オープンガンについてのカスタム制限(ブローバック長等の制限)がありますか?
:ありません。しかし、スタンダードディビジョンで、160mm x250mm x45mm内に収まらない場合は、オープン扱いになりますので、ご注意ください。

4)固定スライドガンは使用できますか?
:IAPSは、ブローバックガンを前提にしています。

5)プラクティカルステージとスティールプレートのステージで、パーツ(たとえばマグキャッチやメインスプリングなど、交換でなくマグキャッチのエクステンション部分を取り外す)を交換することはできますか?
:2競技(3競技)を、通しで1丁のガンで、参加していただくことを前提にしております。しかしながら、すべてをチェックすることは、不可能ですので、変更したので、ペナルティなどの適用にはできないでしょう。しかし、交換に時間が掛ることは、スケジュール上考慮しておりません。
最新記事